2017年05月20日

社長のひとり言

宅地の査定について
査定土地と同条件に近い販売事例宅地と比較対比して算定いたします。
土地は、前面道路幅員6.0m、接道距離1として奥行1.2〜1.5(長方形)、道路より0.2m〜0.5m宅盤が高い、上下水道の引込み管設置の宅地を標準土地としています。
建物は、築年数、構造、材質、設備等を基準で算定。
簡易査定は、大まかな金額は解りますがあまりそれを固持はできません。
不動産の査定は、ほとんどの不動産会社では金銭の請求はいたしませんので査定を依頼された方がベターですよ。
posted by 粕屋の売買くん at 11:14| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロフィール
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。